慰謝料や治療費

このように、身体的にしろ精神的にしろ、後遺症というものは被害者にとって、今後の人生を左右すると言っても過言ではないほど、重大なダメージを与える可能性が高いと言えるでしょう。そのため加害者には、その苦痛を少しでも軽減させてもらうために、お金という形で謝罪を見せてもらうことが大切です。

後遺症が残った場合は、慰謝料としてもらうことが出来る金額が跳ね上がる傾向が高く、弁護士も喜んで引き受けてくれる可能性が高いと言えるでしょう。(間違いなく示談交渉を有利に進めることが出来るためです)そのため、示談内容は比較的こちらの言いなりにならざるを得ない加害者が多く、治療費もその分、非常に多く請求することが出来ると言えるでしょう。

もちろん、後遺症の状態によっても異なりますが、どのレベルで会っても通常に比べると高額になることに変わりはありません。ただ、注意をしないといけないのが、示談交渉が終わる前に謝罪の気持ちとお金を渡されて、受け取ってしまった際に、法律的にはそれで示談がすんでしまう可能性が高いということです。どんなに気持ちと言って渡されても物品を含めて絶対に受け取らず、示談交渉でちゃんとした金額を受け取るようにしましょう。